手の甲の血管やシミを取るならセルフケアとクリニックでの治療、どっちがいいの?

手の甲の浮き出た血管やっシミを取るために、クリニックで治療するべきかどうか悩んでいませんか?

ハンドクリームを塗ったり化粧品などをつけてお手入れをしていても、あまり効果を感じられないからかも知れませんね。

しかし最近では、手肌の見え方を気にする女性が増えてきたせいか、手の甲の血管やシミ、手肌の乾燥などの「老け手の症状」に特化したハンドクリームが販売されるようになってきました。

そのため、手の甲の血管や手肌のシミなどを自分でお手入れする人が増えています。

すでに出来てしまった「シミ」「浮き出た血管」を目立たなくするためのお手入れ方法には、「①自分で行うセルフケア」と専門医にお願いする「②クリニックでの治療」があります。

①自分で行うセルフケア

いわゆる、「自宅で自分でケアする」ことを指します。

マッサージや、手肌のエイジングケアに特化したハンドクリームなどを使ってケアするのが一般的です。

②クリニックでの治療
文字通り、クリニックで気になる老け手の症状を治療してもらいます。
最近では、シミ取りや手の甲の血管の治療を行ってくれるクリニックも増えてきました。

しかし、どちらの方法が良いのかは、その人がどのような結果を求めるのかによって変わってきます。

また、ハンドクリームなどのセルフケアでちゃんとした効果が出るのか疑問に思う人もいるでしょう。

そこで、ここでは最近はやりの「老け手専用ハンドクリーム」でできるセルフケアとクリニックでの治療のメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

自分でできるセルフケアのメリットとデメリット

セルフケアのメリット

セルフケアの最大のメリットは、何といってもリーズナブルなところです。

手の甲の血管やシミに特化したハンドクリームやピーリングジェルは、おおむね3~5千円程度で購入することができます。

そのため、毎月の費用は数千円程度で済みますので、誰でも気軽に試すことができます。

また、自宅で自分の好きな時、好きな場所でケアできるのも大きなポイントです。

小さなお子さんがいる人や、忙しくてなかなか時間が取れない人、近くにクリニックがない人でもケアできるというところも大きな魅力です。

そして、クリニックに通う必要がないので、時間と交通費を節約することができます。

◆セルフケアのメリット

  • 価格がリーズナブル(月3~5千円程度)
  • いつでもできる(時間の制約がない)
  • どこでもできる(場所の制約がない)
  • クリニックに通わなくてよい(時間と交通費の節約)

セルフケアのデメリット

基本的に、セルフケア商品と言えば、一部商品を除き、そのほとんどが「ハンドクリーム」などになります。

そのため、商品によっては効果を実感できるような有効成分が含まれていないこともあります。

また、薬用ハンドクリームには、有効成分として「医薬部外品」の使用が認められていますが、薬用ハンドクリームに含まれる有効成分は「医薬部外品」に限られるため、クリニックで処方される「医薬品」ほどの効果が望めないことがあります。

また、手肌のケアの方法も自己流になりがちです。

そのため、自分が選んだケア用品やケアの方法が、必ずしも自分の望む結果をもたらすとは限りません。

そして、結果が出るまでに数か月以上かかる場合が多く、即効性を望む人には不向きと言えます。

▲セルフケアのデメリット

  • 効果を実感できるまでに時間がかかる
  • ハンドクリームは、医薬品に比べ効果が出にくい
  • ケア方法がわかりにくい

クリニックでの治療のメリットとデメリット

クリニック治療のメリット

クリニック治療の最大のメリットは、専門医の治療を受けることで「シミが消えた」「血管が目立たなくなった」など、確実な「効果」を得ることができることです。

手の甲の血管を硬化療法で治療した場合、すぐに血管が目立たなくなり、またダウンタイムもほとんどないと言われています。

そのため、日常生活に支障をきたすこともほとんどないようです。

このような即効性がある治療を行えば、すぐに手肌の悩みを解決することができます。

パーティーや結婚式など、「いつまでに」という期日が決まっている人には、クリニックでの治療をオススメします。

◆クリニック治療のメリット

  • 確実な「効果」が得られる
  • 効果が得られるまでの時間が短い(即効性がある)
  • 期日に間に合わせることができる

クリニック治療のデメリット

クリニックでの治療の一番のデメリットは、「治療費が高額」なことです。

一般に、美容目的の治療は「自由診療」となりますので、保険適用ができません。

クリニックによって料金が大きく異なる場合もありますが、概ね、シミ治療の場合、1cm以下で一か所1~2万円程度、手の甲の血管を治療した場合、片手で30~60万円ほどかかるようです。

シミの治療は、現在では美容外科などで普通に行われているため、大都市?であればクリニックを探すのは比較的簡単だと思います。

しかし、手の甲の血管治療はかなり特殊な治療のため、地方では専門医を探すことが非常に困難になります。

そのため、手の甲の血管治療は誰もが平等に受けられる訳ではありません。

また、医師の経験不足やクリニックの設備によっては必ずしも治療リスクがゼロではないため、クリニックでの治療をためらう人も多いようです。

▲クリニック治療のデメリット

  • 費用が高額!(数万円~数十万円)
  • 治療リスクがある
  • 近所に専門医がいるとは限らない

結果を急ぐならクリニック! 急がない、安い方が良いならセルフ!

このように、セルフケアとクリニックでの治療には、各々メリットとデメリットがあります。

今すぐに解決したい人や期限が決まっている場合などは、クリニックでの治療をオススメします。(結婚式やパーティーなどに出席する…など)

クリニックでは、具体的な治療法や副作用、治療期間などを詳しく説明してもらえますので、「いつまでに」を実現しやすいのが特徴です。

近くにクリニックがある人、あるいは、お金に余裕がある人にはオススメできます。

逆に、そんなに慌てていない人や、安全、リーズナブルに老け手ケアをしたい人には、断然セルフケアがオススメです。

もちろん、私も断然セルフケア派なので、実際に老け手用ハンドクリームでお手入れしています。

そこで、ここでは、私が実際に使っている老け手ケアに特化したハンドクリームを紹介していきます。

手の甲の血管の治療についてはこちらで説明しています。

手の甲の血管をなんとかしたい人には「ハンドピュレナ」がオススメ!

手の甲の浮き出た血管を何とかしたい人には断然「ハンドピュレナ」がオススメです。

なぜなら、日本で唯一の「手の甲の血管」に特化したハンドクリームだからです!

ハンドピュレナ

 

日本で唯一の「手の甲の血管」に特化したハンドクリーム。

 

【3Dボリュームセラー】【スイゼンジノリ多糖体】【クロレラエキス】【マンダリンオレンジ果皮エキス】など、手の甲のふっくらのための成分を惜し気もなく配合しています。

 

特に、【3Dボリュームセラー】は唇をふっくらさせるリップに含まれる成分として一躍有名になりました。現在でも、ふっくらした唇を求めるアメリカのセレブなどから絶賛されています!

 

手の甲の血管が気になる人、手の甲のふっくらを取り戻したい人には迷わず「ハンドピュレナ」をオススメします!

 

オススメPointその1「ハンドピュレナ」は手の甲の血管に特化したハンドクリーム。手の甲の血管に特化したハンドクリームは「ハンドピュレナ」だけ!
オススメPointその225日間返金保証付き! だから安心! また、1日当たり97円~とお財布にも優しい!
オススメPointその3モンドセレクション2019年金賞受賞! さらに効能評価試験済みだから、手肌のふっくらをより実感できる!

 

Left Caption

ひろ

手の甲の浮き出た血管を何とかしたいなら、間違いなく「ハンドピュレナ」がオススメです!

 

手の甲の血管に特化したハンドクリームは他に見たことがありません!

 

発売からわずか1か月で在庫切れになるほどの超人気商品!

 

しかも、モンドセレクション2019年金賞受賞!

 

その実力を一度試してみてはいかかでしょうか。

 

 

 

手肌のシミが気になる人には…

手肌のシミが気になる人には「KISOホワイトニングクリーム」がオススメです!

美白のための2つの有効成分「トラネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステアリル」を配合! シミと手荒れにアプローチ!


【KISO 薬用 ホワイトニング クリーム 150g】 【医薬部外品】トラネキサム酸2%配合クリーム。

 

「KISOホワイトニングクリーム」は、美白のための2つの有効成分「トラネキサム酸」と「グリチルレチン酸ステアリル」が配合されたハンドクリームです。

 

抗炎症作用のある医薬部外品有効成分トラネキサム酸」「グリチルレチン酸ステアリル」配合なので、美白だけでなく、ひどい手荒れにも特にオススメします!

 

また、高級美白化粧品にも含まれる美白成分「アルピニアカツマダイ種子エキス」「党参抽出物加水分解液」「油溶性甘草エキス(2)」「ウメ果実エキス」なども贅沢に配合!

 

手荒れと老け手をトータルでカバーできるのは、この「KISOホワイトニングクリーム」だけです!

※1年齢に応じたお手入れ

※2メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ。

 

オススメPointその1「キメテ薬用ホワイトニングナイトクリーム」医薬部外品美白のための有効成分「トラネキサム酸」「グリチルレチン酸ステアリル」を配合!
オススメPointその2150g入りで1650円、Amazonプライム会員なら送料無料! これだけの成分でこの価格は破格!
オススメPointその3手の甲のシミ、手荒れ、乾燥を一度にケアできる!また、手肌だけでなく全身の気になるシミやくすみもお手入れできる。
Left Caption

ひろ

シミや手荒れにはなんといっても「KISOホワイトニングクリーム」です!

 

「KISOホワイトニングクリーム」はハンドクリームではありませんが、私が以前使用していた「薬用キメテホワイトニングナイトクリーム」とまったく同じ成分なので、ハンドクリームとして使ってもまったく問題ありません。

 

今でもこの手肌を維持できていますよ!

 

手荒れとシミ・くすみを同時に、しかもハイレベルでお手入れできるのは、この「KISOホワイトニングクリーム」だけです!

 

手荒れも美白※1もこれひとつでお手入れできるので、どれにしようか迷ったらこれを使えば間違いないですよ!

 

手肌の乾燥をなんとかしたい人には…

手肌の乾燥を何とかしたい人には、断然「シロジャム」がオススメです!

保湿と保水にとことんこだわったハンドジェル。老け手の原因である「手肌の乾燥」を防ぐことに特化した商品!

 

手肌トラブルの一番の原因である「手肌の乾燥」を防ぐため「保湿と保水」にとことんこだわったハンドジェル!

 

ターンオーバーを整えコラーゲン、ヒアルロン酸の生成を助ける「グリセリルグルコシド」を配合!

 

また、3種類のセラミド、スクワラン、ホホバオイルなど5種類のオイルも贅沢に配合!

 

老け手をトータルでサポートします!

 

オススメPointその1「保湿と保水」にとことんこだわった商品なので、手肌の乾燥に悩む人に特にオススメ!

オススメPointその2永久全額保証付き! だから安心! また、初回1980円(67%OFF)とお買い得!

オススメPointその3ホホバオイルなど5種類の天然オイル、セラミド、スクワランなど保水、保湿に欠かせない成分を惜し気もなく配合! また、ターンオーバーを整えてコラーゲン、ヒアルロン酸の生成を助ける「グリセリルグルコシド」を配合!

 

Left Caption

ひろ

「siro jam」は、「保湿と保水」にとことんこだわったハンドジェルなので、塗ったあとの潤い感は半端ないです。

 

手肌の乾燥は、ほとんどすべての手肌トラブルの原因になるので、保湿ができる「siro jam」は老け手ケアにはうってつけです!

 

そして、手肌の潤いが増えれば、手の甲の血管も目立たなくなってくるはずです。

 

オールマイティーにケアしたいなら、「シロジャム」がオススメです!

 

 

まとめ

ここまでの説明で、セルフケアとクリニックでの治療のメリット、デメリットが理解できたと思います。

今すぐに何とかしたい人や、お金に余裕のある人などは、クリニックでの治療をオススメします。

いつまでに…という期限がある人にもオススメです。

逆に、クリニックでの治療が怖い、またはそんなに急いでいない、そこまでお金をかけられないという人は、セルフケアをオススメします。

即効性はありませんが、じっくりと取り組むことで綺麗な手肌を取り戻すことができるはずです。

セルフケアに興味のある人は、こちらのページで紹介した老け手ケア用のハンドクリームを使ってお手入れしてみて下さい。

数か月後には、今よりも若々しい手肌になっているかも知れませんよ!

老け手

Posted by ひろ