ステロイドが怖いなら医薬部外品で手荒れをお手入れしてみよう!

手荒れでステロイド外用薬(以下、ステロイド)を処方されても、あまり使いたくない人も多いのではないでしょうか?

実は、私も皮膚科でステロイドを処方してもらいましたが、私には「薬疹」があるためあまり使う気にはなれなかったのです。

もちろん、ステロイドは炎症を抑えることができる素晴らしいお薬なので、手荒れの原因を遠ざけてしっかり治療すれば、かなり早くに手荒れを克服できます。

しかし、私のように薬疹がある方、小さなお子さんなどは、その副作用が怖くて使えない人も多いはずです。

そこで私は、ステロイドを使わずにステロイドと同じような抗炎症作のあるハンドクリームを使うことで手荒れを克服しました。

もちろん、「効く」という表現を使うことができる薬でさえすべての人に効くわけではありませんから、ここで紹介する方法ですべての人の手荒れが良くなる保証はどこにもありません。

しかし、あなたがまだ知らない情報があれば、あなたの手荒れを良くするための知識として利用して頂けたらと思っています。

皮膚科で処方されるお薬は「ステロイド外用薬」

ひどい手荒れで皮膚科に行くと必ずといっていいほど処方されるお薬が「ステロイド外用薬」です。

私も何度か皮膚科に行きましたが、ステロイド以外に処方されたのは肌に潤いを与える「ヒルドイド(ヘパリン類似物質)」だけでした。

ステロイドには強い抗炎症作用があり、手荒れだけでなくアトピー性皮膚炎ややけど、蜂などの虫刺されなど、炎症によって起こるほとんどの症状に処方されます。

ただ、「ステロイドは危険」「ステロイドは副作用があるから使いたくない」という話をよく聞きます。

しかし、ステロイド外用薬の歴史は長く、50年以上もの間、医療の現場で使用されてきていますので、医師の指示で用法、用量を守って使用していれば安全です。

また、ステロイドの強さには5段階あって、手荒れやアトピーなどの症状に合わせて医師が処方してくれます。

そのため、何でもかんでも最強クラスの強いステロイドを処方される訳ではありません。

つまり、通常の使用であれば大きな副作用などは心配する必要はないでしょう。

それでも気になるステロイドの副作用

それでも、どうしてもステロイドの副作用が気になるという人もいると思います。

実は、私もすごく薬の副作用が気になります。

私は医師ではありませんので、お薬について話をするのは間違いだと思っています。

しかし、私がお薬の副作用が気になってしまうのには訳があります。

それは、先にも少しお話しましたが、私が「薬疹」があるからです。

薬疹とは、特定のお薬などを飲むと皮膚に湿疹や蕁麻疹ができたりする「お薬アレルギー」です。

牛乳や小麦などの、ある特定の食べ物を食べて出る「食べ物アレルギー」と同じです。

そのため、私の場合、普通の人なら何でもない様な風邪薬でも体中に蕁麻疹ができたりヘルペスになったり…。

酷いときは、顔の形が変わるほど腫れあがり、外に出ることも出来なくなります。

本当に最悪なんです。

そのため、お薬手帳(薬疹手帳)が手放せないんです。

だから、私にはお薬の怖さがよくわかるのです。

そして、ステロイドに限らずお薬というのは、必ず何かしらの「副作用」があります。

風邪薬、頭痛薬、花粉症の薬、胃腸薬など、私たちの回りにはありとあらゆるお薬がありますが、そのすべてのお薬に多かれ少なかれ副作用があるものです。

ちなみに、ステロイドの副作用としては、最強クラスのステロイドを長期に渡り使用し続けると、肌のターンオーバーサイクルが早くなり過ぎて皮膚が薄くなりひび割れてくることがあるそうです。

また、皮膚が薄くなるせいで血管が目立つようになり、肌が赤らびて見えることもあると言われています。

Left Caption

ひろ

私が手荒れでステロイドを塗った時は、大きな副作用はありませんでしたが、やっぱりお薬を飲んだり付けたりするのには抵抗があります。

お薬を疑う訳ではありませんが、私のように薬疹のある人、あるいは副作用が心配な人は、「医薬部外品程度」のハンドクリームなどから試してみる方がいいかも知れませんね。

それで駄目なら、皮膚科でちゃんと診てもらいましょう!

ステロイドは手荒れを治さない?

ステロイド外用薬は、その強い抗炎症作用で手荒れやアトピーなどの炎症を抑えてくれますが、手荒れやアトピーを直接治している訳ではありません。

ここ、本当に重要なので、もう一度…。

ステロイドが直接手荒れやアトピーを治している訳ではないんです!

ステロイドは炎症を抑えてくれるお薬です。

つまり、ステロイドが肌の炎症を抑えている間に、自分の治癒力で治しているのです。

そのため、どれだけ強力なお薬を塗っていても、自分の体に手荒れを治す力がなければ手荒れもアトピーも治らないのです。

そしてこれは、手荒れに限った話ではありません。

風邪も同じで、風邪薬が風邪のウイルスの活動を抑えている間に、自分の治癒力で治すものです。

その辺をよく理解せずに、普段の食生活や睡眠、また刺激物に触れない様な努力など、自分のライフスタイルを一切見直さないまま「手荒れが治らない…」といって長期に渡りステロイドを使い続けている人が、ひどい副作用に悩まされているケースもあります。

また、少し症状が良くなったからといって、勝手にステロイドの使用を中止したり、手荒れがひどくなってきたからやっぱりステロイドを塗る…みたいに、自分の判断でステロイドを使うと、思うように手荒れを治すことができません。

そのため、ステロイドで手荒れを治すと決めたのであれば、治るまで医師の言う通りに治療しなければいけません。

また、逆にステロイドの長期使用の副作用が怖くてその薬を使いたくないというのであれば、ステロイドを使わなくても手荒れが治るような環境を整える必要があります。

つまり、抗炎症作用のあるハンドクリームを使ってみたり、直接刺激物に触れないようにしてみたりする必要があります。

そして、欲を言えば普段の食生活や睡眠などのライフスタイルも見直す必要があります。

Left Caption

ひろ

私が手荒れで皮膚科を訪れた時に処方されたのは、やっぱり「ステロイド」でした。

ステロイドをもらってからしばらく使っていましたが、そして、副作用が怖くて適量を塗っていませんでした。

そして、毎日のように水や洗剤に触れ、漂白剤も素手で触っていたせいか、手荒れは全然良くなりませんでした。

もちろんこれは、私のライフスタイルや薬の使い方に問題がある訳です。

お医者さんが言うように、しっかりステロイドを塗って、仕事も休んでいれば…あるいはゴム手袋をつけていれば、すぐに回復したのかも知れません。

しかし、実際自分の生活習慣を変えるのはなかなか難しいのです。

だって、そんな簡単にお仕事休めないですよね?

それに、食器を洗うときに手袋をしていると油汚れがちゃんと落ちているのかわからないのです。

そのため、手荒れになることがわかっていながらやむを得ず素手で洗い物をしています。

また、食器を消毒するために漂白剤を使用するのですが、この時も忙しくて手袋をつける暇がなく、いつも素手で漂白剤を触っています。

そんな状態なので、私の手荒れはなかなか良くなりませんでした。

結局、私の手荒れを治してくれるハンドクリームを見つけるまでに8年かかりましたからね(笑)

自分の生活習慣を変えずに手荒れを治すことは、非常に大変なのです。

 体が老化する原因を知れば、体の内側から手荒れ対策ができます!

ステロイドを使わない手荒れの対策

ステロイドを使わない手荒れ対策としては

  • 皮膚への刺激をできる限り減らす
  • 手肌を乾燥させない
  • 抗炎症作用のあるハンドクリームでお手入れする

 

があります。

以下、順に説明していきます。

皮膚への刺激をできる限り減らす

私のように、今のライフスタイルを変えることができなければ、手荒れを克服するのはかなり難しくなります。

手荒れを防ぐためには、何といっても原因を遠ざけることが一番大切です。

以下、順に説明していきます。

刺激物に触れないように仕事を休んで回復に専念する

ひどい手荒れは、水や洗剤などの刺激物に触れ続けることで起こります。

また、アレルギー性の皮膚炎であれば、その原因となる物質に触れることでひどい手荒れになってしまいます。

つまり、どちらのケースも「原因となる刺激物を避ける」ことがもっとも重要になってきます。

現状を維持するのであれば、必要最低限の努力と時間、お金で済みます。

しかし、一度悪くなったものを元に戻すには、大変な時間と労力とお金がかかります。

極端な言い方ですが、毒を飲みながら解毒剤を飲むくらいなら、最初から毒を飲まなければいいのです。

こう考えると「原因を排除すること」がいかに大切であるかが理解できると思います。

洗剤や薬品が原因なら、他の代替品がないか探してみる

もし、手荒れの原因が現在使っている洗剤や薬品のせいだと特定できるのであれば、その商品を使わないようにしなければいけません。

手肌に優しい成分の洗剤に切り替えたり、天然成分のものに切り替えてみるのも良いかもしれません。

お仕事でどうしてもそれらの洗剤や薬剤を使わなければいけない場合、オーナーに相談して手肌に優しい成分のものに変えてもらえるかどうか、相談してみることをオススメします。

手袋を着用する

どうしても水や洗剤に触れる仕事をやめられなかったり、強い薬剤に触れなければならなかったりする場合は、必ず手袋を着用するようにして下さい。

ただし、天然ゴムの手袋はアレルギーを起こすことがあるので、綿の手袋を付けてからゴム手袋を着けると良いでしょう。

また、ポリエチレン手袋やニトリルグローブなどを使い捨てで使用すれば、衛生面でもオススメできます。

手袋を使用すれば、刺激物を直接カットできるので手荒れの回復が一気に早まりますよ!

手肌を保護できるハンドクリームを塗る

美容師や理容師、調理師など、手袋を使いたくても仕事柄どうしても素手で作業しなければいけない人もいると思います。

そのような場合、手肌を外部刺激から守ってくれるハンドクリームを塗る必要があります。

私もラテックスアレルギーなのでゴム手袋を着けることができません。

そのため、手肌を強力に守ってくれるハンドクリームが欠かせません。

私が使っているのは「スキンプロテクトクリーム」ですが、一度塗れば、水や洗剤などのダメージから3~4時間は手肌を守ってくれます。

今は、これがないと本当の意味で仕事になりません(笑)。

塗ると塗らないでは大違いですよ!

手肌を守る「スキンプロテクトクリーム」

手肌を乾燥させない

ひどい手荒れになってしまう一番の原因は、絶えず触れている水や洗剤のせいで、手肌を保護する「皮脂膜」がなくなってしまう事で手肌が乾燥するからです。

「皮脂膜」とは、皮脂や汗、肌にすみつく皮膚常在菌(肌フローラ)が作りだすグリセリンや有機酸からなる天然の保護膜のことで、「乾燥から肌を守る」「水や洗剤などの外部刺激や細菌などから肌を守る」という大切な働きをしています。

そのため、本来、皮脂膜があれば多少水や洗剤などに触れてもひどい手荒れになることはありません。

しかし、皮脂膜がなくなると皮脂膜の「肌の乾燥を守る」働きが弱くなり、手肌内部の保湿因子であるセラミドやヒアルロン酸が蓄えていた水分が蒸発してしまい手肌が乾燥します。

そして、手肌の乾燥が進むと角質の隙間を埋めていた水分がなくなってしまい、角質に隙間ができてしまいます。

すると、肌のバリア機能がうまく働かず、水や洗剤、細菌などが肌の中に入り込んでしまい、それらの刺激に過剰に反応してしまいます。

その結果、ひどい手荒れなどの症状があらわれます。

水仕事や入浴のあとなどに、手肌にしっかりと潤いを届けることができるハンドクリームなどを塗ることで、手肌の乾燥を防ぐことができます。

肌フローラについて詳しく知りたい人はこちら。

ひどい手荒れに悩む人に「アトピスマイル」

潤い番長!保水・保湿に特化した「Sirojam」

抗炎症作用のある「医薬部外品」のハンドクリームを使う

手荒れがひどくなって皮膚科に行くと、必ず処方されるお薬は「ステロイド」です。

その理由は、ステロイドは非常に「抗炎症作用がある」ので、手荒れなどの炎症を抑えるのに特に有効だからです。

手荒れだけでなく、やけどや蜂などの虫刺されなどにも処方されます。

しかし、私には薬疹があので、できることなら使いたくないんですよね。

そんな人にオススメなのが「抗炎症作用のある有効成分を配合したハンドクリーム」です。

抗炎症作用のある有効成分としては「トラネキサム酸」「グリチルレチン酸ステアリル」があります。

この2つの有効成分を配合したハンドクリームでお手入れすれば、ステロイドほどではないかもしれませんが、手荒れをお手入れできます。

今現在、私が使っている「医薬部外品のハンドクリーム」「KISOホワイトニングクリーム」

手荒れに良いといわれるトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルを高濃度で配合しています。

以前は「薬用キメテ」を使っていましたが、残念ながら販売停止に…。

しかし、「KISOホワイトニングクリーム」は「薬用キメテ」と全く同じ成分を配合しているため、使い心地もほとんど同じです。

また、手荒れを効率よくお手入れしたいのであれば、「就寝時の集中ケア」が特にオススメです!

詳しくはこちらで説明しています。

まとめ

ここまでの説明で、手肌への刺激を避けることができれば、手荒れに良い有効成分を含んだ「医薬部外品のハンドクリーム」を使うことでステロイドを使わなくても、ある程度は手荒れのお手入れができることが理解できたと思います。

「ステロイド外用薬」はひどい手荒れを治すために処方されるお薬です。

なので、医師の指示通りに使ってみて、手荒れが改善されたのであればそのまま使用していけばいいと思います。

しかし、数か月使っても手荒れが一向に良くならない、あるいは私のように薬疹があってステロイドの副作用が怖い、また副作用の少ない医薬部外品でお手入れしたいという人は、ハンドクリームを使ったセルフケアをオススメします。

特に、「KISOホワイトニングクリーム」での寝る前の集中補修はかなり効果的です。

なかなか治らない手荒れに悩んでいる人は、一度試してみてはいかがでしょうか?

最後に、手荒れを防ぐ3つの法則。

  • 外部刺激を避ける
  • 手肌に潤いを与える
  • 寝ている間の集中補修

この3つで私の手肌は見違えるようになりました。

あなたもこの3つにチャレンジして、誰にも負けない綺麗な手肌を取り戻してくださいね!

手荒れ

Posted by ひろ