水仕事にオススメのハンドクリームはこれで決まり! 水や洗剤に強いものが最適!

水仕事にオススメのハンドクリームが見つからずに悩んでいませんか?

水仕事の手荒れを防ぎたいのであれば、水や洗剤などの外部刺激に負けないハンドクリームを塗る必要があります。

私自身、老人福祉施設で厨房を任せられているので、毎日のように水や洗剤、漂白剤に触れています。

そのため、手肌は1年中ボロボロ、8年以上あかぎれなどの手荒れに悩んできました。

ゴム手袋を使いたいのですが、私はゴムアレルギーなのでゴム手袋を使うことができません。

なので、水や洗剤のダメージから手肌を守ってくれるハンドクリームを薬局やネットなどで探していました。

そして、見つけましたよ!

水や洗剤、薬品に負けないハンドクリームを!

そのお陰で、今では毎日の水仕事でもほとんど手が荒れることはなくなりました。

そこでここでは、水仕事で手が荒れてしまう原因と手荒れを防ぐために私が使っているオススメのハンドクリームを紹介していきます。

水仕事による手荒れの2大原因とは?

水仕事の手荒れの原因は、大きくわけると「水や洗剤などの外部刺激」と「水仕事の後の手肌の乾燥」があげられます。

水や洗剤などの外部刺激

水仕事の手荒れの原因は、何といっても水や洗剤などの外部刺激に長く触れることです。

なぜなら、水や洗剤に長時間触れることによって手肌を保護している「皮脂膜」がなくなってしまうからです。

皮脂膜は手肌の表面を覆っていて、外部刺激から手肌を守る働きをしています。

また、手肌の水分や油分が蒸発しないように保護する役目もしています。

しかし、洗剤に含まれる界面活性剤は手肌の皮脂膜をあっという間に取り去ってしまいます。

また、お湯の使用も手肌の油分を取り去ってしまう原因のひとつです。

食器を洗う時、お湯を使うと油汚れが落ちやすいですよね?

これは、油分がお湯で溶け出すからです。

つまり、手肌を守っている皮脂膜も油分ですから、お湯を使えば簡単に流されてしまうのです。

皮脂膜を失った手肌は、手肌内部の水分を保持することができないので極度の乾燥を引き起こします。

その結果、肌のバリア機能がうまく機能せず、あかぎれなどの手肌トラブルを招いてしまいます。

また、アルコール消毒も手肌の油分や皮脂膜をあっという間に取り去ってしまうので、使いすぎるとひどい手荒れを引き起こします。

手荒れの原因となる主な外部刺激

1.界面活性剤(食器洗剤、シャンプーなど)

2.お湯

3.アルコール消毒

水仕事のあとの手肌の乾燥

水仕事のあと、なんのお手入れもせずに放っておくと、手肌はあっという間に乾燥してしまいます。

その理由は、水やお湯、洗剤などの影響で手肌を守ってくれている「皮脂膜」がなくなっているからです。

そして、特に冬場は注意が必要です。

なぜなら、冬は夏に比べて空気中の水分が極端に少なくなるからです。

夏場はまったく気にならなかった肌の乾燥も、冬場になると手肌だけでなく顔や全身の肌まで乾燥に悩まされることになります。

水仕事の後や入浴後は特に手肌が乾燥しやすくなっていますので、なるべく早くハンドクリームやローションなどを付けて乾燥を防ぐようにして下さい。

手肌の乾燥を防ぐことができれば、かなりの割合で手荒れを防ぐことができます。

水仕事の手荒れを防ぐハンドクリーム選び方

水仕事の手荒れを防ぐためのハンドクリームの条件は、「水や洗剤などの外部刺激をシャットアウトできること」です。

つまり、水や洗剤などに負けない強い被膜を作ることができるハンドクリームを選ぶことが重要です。

もちろん、ビタミンや保湿成分が含まれたハンドクリームは荒れた手肌をお手入れするには有効です。

しかし、水や洗剤で保湿成分などが流されてしまっては意味がありません。

手荒れを防ぎたいのであれば、外部刺激を確実にシャットアウトできるハンドクリームを使うべきです。

手荒れを防ぐハンドクリームはこれだ!

ここで、私が使っている外部刺激をシャットアウトできるハンドクリームを紹介します。

スキンプロテクトクリーム

スキンプロテクトクリーム

なんといっても一番の私のオススメは「スキンプロテクトクリーム」です。

この「スキンプロテクトクリーム」は、水仕事をする人に特にオススメしたいハンドクリームです。

「スキンプロテクトクリーム」は、一度塗っておけば最低でも3~4時間は水や外部刺激から手肌を強力に守ってくれます。

つまり、朝に塗って、お昼過ぎにもう一度塗れば、夜までほとんど手肌がダメージを受けることはありません。

そして、この「スキンプロテクトクリーム」は、成分が角質層の中で結合して手肌を守るので、クリームの成分が食べ物などについてしまう事はありません。

そのため、食品を扱う調理師の方や美容師、小さなお子さんがいるママさんにも広く愛用されています。

また、私のようにラテックスアレルギーの人は、ゴム手袋を着けることができません。

そのため、ゴム手袋を着ける暇がない人だけでなく、ゴム手袋を着けることができない人にも特にオススメします!

 スキンプロテクトクリームの良いところ

  • 手肌表面の保護力が飛び抜けている! なので水仕事の人に特にオススメ!
  • 50g入りで900円、しかも100回分! お手頃価格なので気兼ねなく使える!
  • 会員登録でその場で使える300ポイントプレゼント!
Left Caption

ひろ

「スキンプロテクトクリーム」は、私が今まで使ってきたハンドクリームの中で、ダントツに保護力が高いです!

なので、手肌をしっかりと保護したいのであれば、断然「スキンプロテクトクリーム」がオススメです。

また、50gで900円とお手頃価格、しかも100回使えます。

迷ったら「スキンプロテクトクリーム」で間違いありません!

ファムズベビー




この「ファムズベビー」は、赤ちゃんの肌トラブルを未然に防ぐために作られた製品です。

しかし、手荒れに悩むママさんや看護師さんにとても人気の商品なんです。

なぜなら、この「ファムズベビー」赤ちゃんのお口に入っても安全な成分で作られているからです。

そのため、今まで手荒れのためにハンドクリームを塗ることをためらっていた敏感肌の人に特にオススメします!

「ファムズベビー」もスキンプロテクトクリームと同じく、単に皮膚の上に油膜を作るのではなく成分が角質層に浸透して保護膜を作るため、手肌表面に油分が残りにくくなっています。

そして、最長8時間という長時間、保湿が持続します。

 超おすすめ! ファムズベビーの8つの特徴!

  • 赤ちゃん~お年寄りまで、家族皆で使える!
  • たった3秒のケアで効果が最長8時間つづく!
  • 食べこぼしやよだれでの肌あれに効果的!
  • オムツかぶれやムレでの赤ちゃんの肌あれ
  • 赤ちゃんだけではなくママの手荒れにも最適!
  • 産後の体質(ホルモンバランス)変化による肌トラブルに!
  • 乾燥による肌荒れなど、肌トラブル全般に効果的!
  • 定期購入のみ送料無料・28日間全額返金保証付!

 洗っても拭きとっても落ちない!新発想ビフォアケアフォーム【ファムズベビー】

Left Caption

ひろ

ずっと「スキンプロテクトクリーム」を使ってきましたが、ファムズベビーも実際に使ってみました。

1缶で約200回分とかなり使うことができます!

そしてムースタイプなので、容器を振ってプシューと出すだけなのでとても楽チンです!

ちなみに、写真の量だと多すぎです(汗)

塗りのばすとしっかりと潤うのがわかります。

そして、塗ってしばらくするとサラサラになるので使い心地はとても良いですよ!

しかし、正直なところ、手肌の保護力は「スキンプロテクトクリーム」の方が上ですね。

「ファムズベビー」は最長で8時間効力が続くとありますが、私のように毎日仕事で調理や洗い物を大量にしていると3時間持つか持たないか…ってところです。

まとめ

ここまでの説明で、手荒れを防ぐためには、その原因となる外部刺激をシャットアウトすることが大切であることが理解できたと思います。

水や洗剤の外部刺激を受け続けている限り、手荒れを克服することはかなり難しくなります。

ゴム手袋が使えない人や、どうしてもお仕事を休めない人は、外部刺激から手肌をがっちりと守ってくれるハンドクリームを塗って、手肌を守ってあげて下さい。

私自身、8年以上ひどい手荒れに悩んできましたが、今では毎日の水仕事に負けないハンドクリームのお陰で手荒れとは無縁の生活を送っています。

もしあなたが、以前の私と同じようにひどい手荒れに悩んでいるのであれば、「スキンプロテクトクリーム」を強くオススメします。

いままで私が使ってきたハンドクリームの中でダントツの保護力です。

手荒れを防ぐなら「スキンプロテクトクリーム」で決まりです!

また、赤ちゃんや小さなお子さんがいたり、あるいは一緒にお肌トラブルのお手入れをしたいのであれば、ムースタイプの「ファムズベビー」がオススメです!

シューっと出して、すぐに塗ることができるので子供さんにも使いやすいですよ!

 洗っても拭きとっても落ちない!新発想ビフォアケアフォーム【ファムズベビー】

 

※今現在、ひどい手荒れに悩んでいるのであれば、まず皮膚科に行ってちゃんと診察を受けることをオススメします。

 

また、ハンドクリームなどのセルフケアで手荒れを何とかしたいのであれば、「抗炎症作用」のある有効成分を配合した医薬部外品のハンドクリームをオススメします。

 

詳しくはこちらで解説しています。

 

手荒れ

Posted by ひろ