冬こそ美白の季節です!

シミの原因となる「紫外線」。

近年では、天気予報で「今日の紫外線指数」などを知ることができるので、お出かけ前の紫外線チェックが簡単にできます。

しかし、夏場は毎日のように「紫外線」情報を提供してくれますが、冬場は乾燥や花粉情報ばかり。

なぜでしょうか?

その理由は、夏場に比べて、冬は多少なりとも紫外線による肌ダメージが少なくなるからです。

なぜなら、夏場は日照時間が長く、また日差しも非常に強くなります。そして、みなさん半そでで肌の露出が多いため、紫外線によるダメージが大きくなります。

これに対し、冬場は日差しも弱く日照時間も短くなります。また、気温が低下するため、みなさん長袖の服を着ます。また、マフラーや手袋、ニット帽などをかぶるため、肌がほとんど露出しない状況になります。

そのため、紫外線を浴びることがほとんどなくなってしまうのです。

そして、この「紫外線を浴びない」時期こそ、美白のチャンスです。

思い出して欲しいのですが、子供の頃に海水浴などで真っ黒に日焼けしても、冬には肌の色が白くなったと思いませんか?

これは、紫外線を浴びる時間が少なくなったことにより、お肌のターンオーバーでメラニンが角質とともに剥がれ落ちていったためです。

紫外線を浴びてメラニンが生成されるよりも、肌のターンオーバーの方が早ければ、何もしなくてもお肌は明るくなっていくのです。

つまり、夏場に紫外線を浴びてできてしまった「シミ」も冬も間に綺麗になる可能性が高いということです。

しかし、若いころはお肌のターンオーバーも正常でシミが残りにくいのですが、年齢とともにターンオーバーが遅れてしまい、シミが残りやすくなります。

そこで、紫外線が少ない冬の間に、シミケアに特化したケア用品でしっかりとケアすることが大切なのです。

美白

Posted by ひろ