手の老化「老け手」を治すためにその原因と対策を理解しよう!

最近、手の老化「老け手」を治す方法が見つからなくて悩む人が増えています。

老け手とは、手肌のシミや手の甲の血管が浮き出た老けた印象の手のことを言います。

20代、30代では気にもならなかった手肌のシミや浮き出る血管…。

それが50代にもなると突然目立つようになります。

しかし、実は手肌の老化は突然訪れる訳ではありません。

手肌の乾燥や紫外線、不規則な生活を繰り返すことで蓄積されたダメージは徐々に現れてきます。

ただ、多くの人がその小さな変化に気が付かないため、ある日突然

「なんでこんなに手肌にシミがあるんだろう…?」

「あれ? こんなに血管浮き出てたっけ…?」

と悩むのです。

老け手になる原因を知り、きちんとした手肌ケアをしなければあっという間に「老け手」になってしまいます。

そこで、ここでは、老け手を治すために手肌が老化する原因とその対策について解説していきます。

Left Caption

ひろ

老け手の症状は徐々に進行していくので、気がついた時には手遅れ…何てことにもなりかねないの!

だから、少しでも気になったら早めのお手入れをオススメするわ!

手が老化する原因とは?

手が老化する原因として一番に思いつくことは何でしょうか?

それは、「人が歳をとること」ですよね。

歳を取れば、必ず身体は老化してしまいます。

しかし、実は「人が歳をとること」と同じくらい手を老化させてしまう外的要因があります。

その外的要因とは、

「紫外線」

「手肌の乾燥」

の2つです。

つまり、手の老化を防ぐためには、「体の老化対策」「紫外線対策」「乾燥対策」の3つの対策をする必要があります。

原因その1.体の老化

手が老化する一番の原因は、「歳をとること」です。

当たり前の結論で申し訳ないのですが…。

人間生きていれば必ず歳をとりますので、こればかりはどうすることも出来ません。

しかし、問題なのは歳をとることではなく「老化を促進させる生活習慣」にあります。

私たちがなにげに暮らしている生活習慣に、老化の原因が隠されているのです。

Left Caption

ひろ

体の老化について詳しく知りたい人は、以下の記事を参考にして下さいね!

ここでは老化を3つの原因に分けてかなり詳しく掘り下げていきます。

私を含め、かなり耳の痛い話が多いですが、体の健康とアンチエイジング、そして綺麗な手肌のためには大切なお話なので、じっくりと読んで頂けたらと思います。

原因その2.紫外線

手の老化の外的要因の一番の原因として挙げられるのが「紫外線」です。

手は、顔と同じく衣服などで保護することができません。そのため、絶えず紫外線などの外部ダメージにさらされています。

そして、紫外線を浴びることで、手肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンがダメージを受けてしまい、肌の張りが失われてしまいます。

その結果、手のシワが非常にできやすくなってしまいます。

また、顔と同じく、紫外線を浴びることによりメラニン色素が大量に生成されます。

そのため、「手」は顔以上にシミができやすい部分でもあります

以下の記事で、紫外線について詳しく解説しています。

原因その3.手肌の乾燥

紫外線の次に手を老化させるのは「手肌の乾燥」です。

手の老化「老け手」は、手肌の乾燥から始まるとも言われているので、手肌の潤いを守ることはとても大切です。

しかし女性の「手」は、毎日の家事などで絶えず水や洗剤の刺激を受け続けています。

そのため、男性よりも手肌が乾燥しやすいと言えます。

それにもかかわらず、忙しい、面倒くさいからといって、つい水仕事をしたまま何のケアもせずに過ごしてしまう…そんなことはありませんか?

手肌が乾燥すると、本来肌が持っているバリア機能が低下するため、外部刺激がそのまま肌ダメージとして蓄積されてしまいます。

そして、手肌の乾燥が進行し肌本来の弾力が失われることにより、次第に血管が表面に浮き出ててしまうのです。

つまり、 「手肌の乾燥」は老け手の代名詞ともいえる「浮き出る血管」の一番の原因になります。

以上のことから、「老け手」を防ぐためには、乾燥対策がいかに大切であるかが理解できると思います。

手肌の乾燥が気になる人はこちらの記事もどうぞ。

老け手になってしまったらどうすればいい?

まだ老け手の症状に悩まされていない人は、先に説明した老化対策、紫外線対策、乾燥対策をすれば、かなりの割合で老け手の症状を遅らせることができます。

しかし、すでに「浮き出る血管」「手肌のシミ」などの老け手の症状に悩んでいるのなら、今すぐに何かしらの対策をしなければ、老け手はさらに進行してしまいます。

老け手を治す方法として「クリニックで治療する」「自分でお手入れする」の2つの方法があります。

クリニックでの治療

クリニックで老け手の治療をする場合、専門の医師が施術しますので、手の甲の浮き出る血管や手肌のシミなどを効率よく消してくれます。

そして、即効性のある治療法もあるので、自分が治したいときに治すことができるというメリットがあります。

例えば、結婚式やパーティーに出席するなど、「いつまでに治したい…」という希望がある人はクリニックでの治療をオススメします。

しかし、もちろんデメリットもあります。

手の甲の血管やシミの治療は、基本的には保険が使えませんので、治療費は治療費はすべて自費で支払う必要があります。

つまり、費用が非常に高額になります。

ちなみに、治療法にもよりますが、手の甲の血管を治療した場合、片手で30万円くらいかかるそうです。

そのため、お金に余裕がある人以外にはあまりお勧めできません。

自分で行うセルフケア

クリニックでの治療費が私たち庶民にとってあまり現実的ではないので、「自分で何とかしたい!」という人がほとんどだと思います。

そこでオススメなのが、自分でできる「セルフケア」です。

セルフケアの最大のメリットは「リーズナブル」なことです。

セルフケアでは、老け手用のハンドクリームなどでお手入れをしますので、費用は毎月3~5千円程度で済みます。

また、わざわざクリニックに行く必要がなく、いつでも自分の好きな時間にお手入れができるので、仕事が忙しい人やクリニックが近くにない人特にオススメです。

しかし、もちろんデメリットもあります。

基本、ハンドクリームなどでのお手入れになるので即効性は望めません。

そのため、じっくりと取り組みたい人にオススメです。

クリニックでの治療とセルフケアのメリット・デメリットについてはこちらで詳しく解説しています。

手の甲の治療についてはこちらで詳しく説明しています。

まとめ

これまでの説明で、老け手を治すためには、「体の老化対策」「紫外線対策」「乾燥対策」がいかに大切であるかが理解できたと思います。

歳を取ることだけはどうすることもできませんが、普段のライフスタイルを見直すことはできます。

また、老け手ケア用品を上手に活用することで若々しい綺麗な手肌を取り戻すことも不可能ではありません。

手肌は顔の次に人目に付くところです。

正しいケア用品と正しい方法でしっかりとお手入れをしてあげてください。

そして、1日でも早くお手入れを始めることで、誰もが羨む綺麗な手肌を取り戻すことができるのです。

オススメの老け手ケア用品はこちらでも紹介していますので、今すぐ何とかしたい人は覗いてみてくださいね!