手の甲の浮き出る血管「ハンドベイン」をクリニックで治療するメリットとデメリット

手の甲の浮き出る血管に悩まされていませんか?

実は近年、手の甲の浮き出る血管を気にする女性が増えてきました。

しかし、顔の美肌やダイエットとは違い、「手の甲の血管」のお手入れについての情報はかなり少ないのです。

そのため、どのようにお手入れをしていいのか、悩んでいる人が多いのです。

手の甲の血管が目立つ状態を正式な症状名にすると、「ハンドベイン」と言います。

そして、この「ハンドベイン」は、専門医の治療で治すことができます。

主な治療法は、硬化療法、体外照射レーザー治療、血管内レーザー治療、ヒアルロン注射などです。

しかし、クリニックでの治療にはメリットとデメリットがありますので、治療の前によく理解しておく必要があります。

そこで、ここではクリニックでの治療のメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

Left Caption

ひろ

手の甲の血管の治療って、かなり特殊よね。

どんな治療をするのかもわからないし。

だから、みんな不安になるんだと思うの。

私なりに色々と調べてみましたので、ここでわかりやすく解説していきますね!

硬化療法

硬化療法とは、目立たなくしたい血管内に硬化剤を入れて、血液を固めて血管を閉鎖してしまう方法です。

「血管に硬化剤を入れて血液を固める?!」って聞くと、かなりヤバい治療法なのかと思いましたが、調べてみると、実は一番メジャーな治療法でした。

この方法の最大のメリットは、短期間で施術が完了するところだそうです。

また、手を使うことができなくなる時間(ダウンタイム)が少ないらしく、日常生活に支障をきたすことがほとんどないと言われています。

「血管を封鎖する」…と聞くと血液がうまく流れなくなってしまい、身体に良くないのでは?と不安になる人も多いと思いますが、人間の血管は、手の表面だけではなく深いところにも深層静脈血管があります。

それに、人間の身体には無数の微小血管もあるので、数本の血管を閉鎖してしまっても血流に問題が生じることはないということです。

しかし、硬化療法は血管を完全に閉鎖して血管を目立たなくさせる治療法のため、あまりに多くの血管に硬化療法を行うと血行が悪くなる可能性があるという意見もありますので、医師とよく相談して治療するようにした方が良いですね。

体外照射レーザー治療

体外照射レーザー治療とは、その名の通り、体外から血管に向けてレーザー(ロングパルスYAGレーザーなど)を照射して行う治療法です。

このタイプのレーザー治療は、小さめの静脈瘤の治療によく用いられるそうです。

しかし、血管が大きく浮き上がるハンドべインに対しては治療効果が少ないので、単独で使用されることはほとんどないようです。

血管内レーザー治療

血管内レーザー治療とは、レーザーで血管を収縮・癒着(ゆちゃく)させることにより、血管を閉鎖、あるいは狭くする手法です。

つまり、硬化療法のように完全に閉塞させずに血管を目立たなくすることができるので、血行障害を最小限にとどめることができると言われています。

ただし、血管内レーザー治療で血管を完全に閉鎖することなく収縮させることができる経験豊富は医師は、日本では数人程度とも言われています。

そのため、すべての人が公平に治療を受けられるかどうか、疑問が残ります。

ヒアルロン注射

ヒアルロン注射は、顔のシワを無くす美容整形の治療法としてよく利用されています。

そして、手の甲の治療では、血管そのものに処置をするのではなく、皮下脂肪が減少した血管周りの皮膚にヒアルロン酸や脂肪を注入し、膨らみを持たせて血管を目立たなくさせます。

この方法は、手の甲を直接ふっくらさせるので効果に即効性があります。

しかし、ヒアルロン酸を直接皮膚に注入するため、場合によっては不自然にふっくらした(腫れた)ように見えることもあります。

また、数ヶ月から数年でヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため、ふっくらとした手を維持するには、繰り返しの治療が必要となります。

Left Caption

ひろ

私は、ヒアルロン注射というと、数年前に話題になった韓国の「扇風機オバサン」のことを思い出してしまいます。美しくなりたい女性としてはとても悲しい事件でした。なので、個人的な意見ですが、たとえ安全だとわかっていても私は絶対にやりません。

まとめ オススメはセルフケア

このように、それぞれの治療法には一長一短がありますが、有名な医院や専門医が行う治療であれば、どの治療法でも効果はあります。

そのため、今すぐに何とかしたい人には、クリニックでの治療をオススメします。

しかし、ハンドベインはいわゆる”病気”ではないため、治療は自費治療となります。そのため、治療費は非常に高額です。

例えば、「血管内レーザー治療」で両手の手の甲を治療した場合、おおよそ30~60万円ほど費用がかかります。

また、「硬化療法」の場合、血管1本につき5~10万円ほど費用がかかります。

そのため、こういった高額な治療は誰でも気軽にできるわけではありません。

また、ハンドベインの治療を専門で行っている医院、医師は日本国内で数か所、数名しかいません。そのため、日本中の人が公平に治療を受けることはほぼ不可能といえます。

以上のことから、クリニックでの治療は私たち庶民が気軽にできる治療とは言えません。

そこでオススメしたいのが、自分で出来る「日々のハンドエイジングケア」なのです。

症状が目に見えてわかる前からケアをすることによって、「老け手」の症状を劇的に遅らせることができます。

高額な治療を行う前に、自分でできるセルフエイジングケアを試してみてはいかがでしょうか?

Left Caption

ひろ

手の甲の血管を自分でお手入れするなら、「手の甲の血管」に特化したハンドクリーム「ハンドピュレナ」がオススメです!

「ハンドピュレナ」を使えば、自宅で好きな時に、しかもリーズナブルに手の甲の血管のお手入れができます。

ハンドピュレナ通信販売だけで、一時12000人が注文待ちになった驚異のハンドクリーム!

モンドセレクション2019金賞受賞! なので、その実力は間違いなし!

【3Dボリュームセラー】【スイゼンジノリ多糖体】【クロレラエキス】【マンダリンオレンジ果皮エキス】配合!

手の甲の血管のお手入れなら間違いなくNo.1!

オススメPointその1「ハンドピュレナ」は手の甲の血管に特化したハンドクリーム。半年間の累計販売個数4万個! モンドセレクション2018金賞受賞! 今、話題のハンドクリームです!
オススメPointその225日間返金保証付き! だから安心! また、1日当たり97円~とお財布にも優しい!
オススメPointその3効能評価試験済みだから、手肌のふっくらをより実感できる!